日本ねじ研究協会とは?

協会定款

昭和44年10月24日制定
昭和45年5月28日一部改正
平成27年6月11日一部改正

第 1 章 総 則

(目 的)
第1条 本会は、工業の各分野にわたる知識・経験を結集し、ねじに関する研究開発と総合技術の向上を図り、あわせて標準化を推進し、もって工業の合理的発展に資することを目的とする。

(名 称)
第2条 本会は、日本ねじ研究協会と称する。

(事務所)
第3条 本会の事務所(本部)は、これを東京都港区に置き、必要に応じ地方支部を置くことができる。

(事業)
第4条 本会は、第1条の目的を達成するため、ねじに関する次の事業を行う。
 1.調査・試験・研究及び新技術の開発
 2.各種研究機関及び関連業界との連けい協力及び共同研究の実施
 3.諸外国との交流及び国際標準化事業への協力
 4.日本工業規格の原案作成の協力、その普及及び表示制度の促進
 5.日本ねじ研究協会規格の作成及び普及
 6.講習会・講演会・見学会の開催及びねじ技術者の育成・指導
 7.技術相談及び巡回指導
 8.工業所有権の調査及びその対策
 9.内外資料、文献の収集、閲覧及び会誌・図書の発行
 10.その他本会の目的を達成するために必要な事業

定款を全て読む (PDFが開きます)