出版物案内

ねじ製造ガイドブック

新版-ねじ製造ガイドブック表紙

B5判175頁
定価8,000円(税、送料別)
会員価格5,000円(税、送料別)

 ねじは,機械の要素部品として産業界に欠くことのできないものであり、その技術水準や生産・使用量は、その国の産業界の発展を示す一つのパロメーターとも思われます。また、産業の発展により、ねじに対する要求がますます高度化・多様化し,高水準のものを必要とする傾向は強まりつつあり、品質の向上はもとより、安全性の確保といった研究も疎かにできないものがあります。

  このような現状を踏まえて、日本ねじ研究協会出版委員会では、ねじ製造に係わる総合的な技術ならびに知識の向上を図る一助とする目的で、日本ねじ研究協会誌第43巻3号(2012-03)から第47巻2号(2016-02)の4年間に24回にわたって分割掲載し、今回それらを合本して「新版 ねじ製造ガイドブック -周辺技術の基礎と動向-」として発行することになりました。

 今回取り上げたテーマは、次のようなものであります。各章の概要については最初の「総論」をご覧下さい。


 第1章 材料
 第2章 機械・工具
 第3章 潤滑剤・鍛造油
 第4章 熱処理
 第5章 表面処理
 第6章 接着剤・ゆるみ止め
 第7章 検査

申込み書を開く※PDFファイル